銀行のカードローンについて

銀行のカードローンには消費者金融と比べると様々なメリットが存在しています。その中で一番のメリットは金利が安いことが上げられるでしょう。大体消費者金融のと比べると3パーセント程度安くなります。金利が安いと総支払い額も下がりますので、この点でもお勧めの一つといえます。金利に関しては、基本的には利息から払っていくような形になりますので、金利の数字が15パーセントと18パーセントは3パーセントしか差がないように見えますが、元金の減り方は大きく変わってきますので、カードローンを借りるにあたって一番重要な要素になるでしょう。さらに、消費者金融には総量規制というのがあり年収の3分の1までしか借りることができません。これは、貸金業法の傘下に消費者金融の会社が入っているからになります。

銀行はこの貸金業法の傘下ではなく銀行法の傘下になりますので銀行のカードローンはこれが存在しません。最大1000万円まで借入限度額を設定できる銀行もありますので、大口の融資にも対応しているといえます。また、借入限度額が高い場合のほうが金利も安くなるのでそこまで借りる必要がない人も申請してみるのも一つの手だといえます。ただし、デメリットも存在します。まずは、金利が安かったり借入総額が多かったりしますので審査が厳しいことが上げられます。小さい金額だけ借りるのであればそこまでではありませんが、大きな金額を借りたい場合の審査はそれなりに厳しいです。考え方として、消費者金融は安定収入のある方であれば幅広く融資をしています。そのスタイルに対して銀行のカードローンは比較的生活にゆとりがあってお金を融資するにあたってきちんと返済できる方を対象にしていますので、審査には厳しくなっているといえるでしょう。ただし、大きな金額を借りるにしても金利はそれなりのものになります。銀行はルールに乗っ取ってお金は貸してくれますが、自分の生活が苦しくなっては意味がありませんので、自分自身で決める必要があります。